FC2ブログ

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

≫ EDIT

ユタ州旅行記 7/22

2日目は日の出と共にさらに250kmほど車で走り、昼前にキャニオンランズ国立公園につき、一日観光後、アーチーズ国立公園で夕日を見る予定。


昨日は砂漠の中を走り、ドライヤーの様な熱風で暑かったのに、Salinaの町は肌寒いくらいでした。

salinaの町は特に観光するところはないので、日があけてからすぐに車に乗り、ドライブしました。

走り出してラジオを聴いてびっくり。時計が一時間早まってる!

アメリカは広いから、国内で時差があることをすっかり忘れていたのでした・・。

P7220041_convert_20081031233118.jpg

朝食はモーテルの朝食コーナーでもらったミルクとシリアル、そして、昨日スーパーで買ったベーグル、レタス、サワークリーム、ターキーでサンドウィッチを作り、車で食べました。

走り出してすぐ、壮大な景色の中に入ります。この景色の中で食べる朝食は本当に美味しかった。

この辺りは田舎も田舎、走り出して30分ほどすると、
「ここから次の町(Green River)まで100マイル(160km)は店もガソリンスタンドも何もありませんよ」
という看板があり、唖然としました。

160キロって、車で2時間ってことー?!!・・・ガソリン入れてきてよかったぁ。

で、走ってみると、やっぱり民家も店も何にもないのです。車で2時間もの間、民家も何にもないなんて、日本では考えられません。

丁度160kmくらい走った先に、荒野の中にぽつんとガソリンスタンドだけはありましたが、本当に荒野にガソリンスタンドがあるのみ。その後も集落らしきところは無かったです。

その代わり、途中の景色は今回の旅行の中でも上位に入るくらいの良さでした!
P7220046_convert_20081031233305.jpg

広大な様々な地形の大地!

540671063_137.jpg


国立公園でもなんでもないのにあの景色はすごかった~というわけで、途中、だらだらとビューポイン
トで景色を見ていたらかなり時間を使ってしまいました。

P7220053_convert_20081031233350.jpg
荒野が海のよう・・・・。

あとで調べたところ、この地帯は「サンラファエルスウェル」というらしいです。



その後、予定より遅れながらもお昼前にはキャニオンランズに到着☆
P7230083_convert_20081031233441.jpg
ビジターセンターでは、定期的にキッズプログラムが催されています。

キャニオンランズは、グランドキャニオンの上流で、コロラド川が大地を削ったところなのですが、その削り具合が半端無いんです。

一口にキャニオンランズ国立公園といっても、端から端まで移動しようとすると移動だけで2日くらいはかかってしまうので、今回は「アイランド イン ザ スカイ」と呼ばれている地区に行きました。

540671063_97.jpg



そこは名前の通り、まさに天空の島でした。

標高1800mの大地の崖っぷちから見る眺めは地球じゃなくてどっか他の星に来ているような感じ!

しばらくいろんなビューポイントを回ったり、ちょっとハイキングして隕石のぶつかった跡を見たりしてゆったりと過ごしてから、夕方に宿泊する街まで行きました。

2952229_3513453408.jpg

夕食を食べてから、7時ころ、夕日の名所に行くために今度はアーチーズ国立公園に行ったのですが、あいにくお天気が悪くなってきてしまい、雷が鳴っているのでまた明日にすることにして、早めに夕食を食べ、寝ることにしました。

夕食はMoabのデニーズ・・・さすがアメリカこってり系で、全部は食べられませんでした^^;

宿泊場所は、Apach Motel。こてもまた可もなく不可もなくといった印象。
ただMoabはほかと比べて宿泊費が若干高めだったので、お値段の割にはちゃんとしたところだったので良かったです。


ユタ州旅行記 7/23へつづく


*写真の大きさが違うのは、某SNSに載せた分と、新たに掲載した物とで分かれています。ご了承ください!どっかからパクったわけじゃないよ(笑)


にほんブログ村 旅行ブログへ人気ブログランキングへサンラファエロスウェルに応援クリックお願いします☆

スポンサーサイト



| カテゴリー:日程表&旅行記 | 23:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日はハロウィン



この写真は、ヨセミテ国立公園内ビジターセンターのジャコランタン。

よく見てみるとかぼちゃのお化けがリアル顔で怖い(笑)

日本ではせいぜい幼稚園児が園内で仮装をする程度だけど、アメリカでは大人も仮装していました。

この日の夜、サンフランシスコからニューヨーク便に乗ったのですが、空港の職員さんの中にもバットマンのような格好をしている人がいたりで楽しかったです!


にほんブログ村 旅行ブログへ人気ブログランキングへトリック オア トリート!応援クリックお願いします。

| カテゴリー:ヨセミテ国立公園 | 21:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ユタ旅行記 7/21 その2

ユタ州旅行記 7/21の続き

P7220013_convert_20081029215555.jpg



ロサンゼルスから大急ぎでラスベガス行きに乗り換えて、13時ころにやっとラスベガスとうちゃ~く

日本アメリカ間は時差があるのでこの日は夕方日本を発って同じ日の昼にラスベガスに着くという長い長い一日なのです。なんだか時間をさかのぼった気持ち。


ラスベガスの空港はうわさ通り、空港にスロットマシーンがありました!!

そしてバゲージクレームも、ショーの看板だらけですごい煌びやか

ラスベガスに来たぞー!って感じです。


空港からは、レンタカーセンター行きのシャトルバスに乗り、10分ほどで到着。

ここはすべてのレンタカー会社が集まっているようで、それぞれのカウンターと、駐車場が設けられていました。

P7220031_convert_20081029215637.jpg
↑レンタカーセンター

そしてなんとここでは、カウンターでキーを渡してくれるわけではなく、駐車場にある車の中から好きなのを選んで乗ってく方式でした。

ここで迷った挙句、赤のシェボレー(?)を借り、トランクにスーツケースを載せて、出発です。

何も考えずに赤にしたけど、今後の旅の中で見つけやすかったので大正解でした。

せっかくラスベガスに来たのですが、今日は観光せずにユタに向かいます。

さっそく市内のウォールマートと99セントショップに行き、水、ベーグル、ハム、チーズ、サワークリーム、マヨネーズ、レタス、それから紙皿を買いました。

実は今回はクーラーバッグを持ってきたんです。

これでサンドウィッチを作って食べながら移動したところ、良かったです。

最初は砂漠地帯で冷たいお水を飲めるようにと思って持ってきたクーラーバッグですが、まずいアメリカの食事を食べるよりははるかに美味しくてヘルシーだし、思いがけず食事のための停車時間と食費の削減にもなりました

買い物のあと、4時間半の運転。

途中まではあたり一面の砂漠地帯ですが、だんだん岩山の間をくぐり抜け、高度が上がってきます。


P7220037_convert_20081029215801.jpg

↑salinaに向かう途中の風景

高地へ行くにつれて、最初は40度だった気温も、20度くらいまで下がりました。

時差ぼけで眠い目をこすりながら、Salinaの町へ到着したのはもう午後9時でした。

536300547_122.jpg
↑翌日の朝撮った今日の宿。Rodewey Inn。可もなく不可もなくといった感じ。周りに何もない田舎町です。



この日の車での移動距離
311マイル(約498km神奈川-大阪間!)

ユタ州旅行記 7/22へ続く。


にほんブログ村 旅行ブログへ人気ブログランキングへグランドサークルの記事まだかよ!と思った方、応援クリックお願いします!

| カテゴリー:日程表&旅行記 | 23:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ユタ旅行記 7/21

ちょっと遅ればせながら、今まで散々いろんな写真を載せてきたユタ州旅行記1日目(去年!)の旅行記です。某SNSにアップさせていたのを引っ張ってきました。



では始まり~~。

日程表はこちらを参照してください。


初日は成田15:55発の飛行機だったのですが、なんとこの日は16時間労働直後。

夜勤は10時半ころ終わり、11時過ぎの電車に飛び乗りました。

前日寝てないこともあり、電車の中では眠い眠い・・ 。

それでも空港に着くころには楽しくて元気でしたが。


空港でご飯を食べたら14時近くになったので、急いでゲートにいったんだけど、なんと飛行機はdelayに。
結局ゲートが開いたのは17時過ぎでした。。。


飛行機の中は特筆すべきものはなく ・・・。

533129768_51_convert_20081028223726.jpg
↑機内食。これだけじゃ足りなくてお腹すいちゃった。。

私は夜勤の疲れのせいでいい感じにお眠りモードへ突入できましたが、旦那ちゃんはあまり眠れなかったみたい。


私たちは今回ラスベガスからユタへドライブすることにしていたので、ロサンゼルス乗り継ぎだったのだけど、離陸が遅れたせいでLAに着いたのは乗り継ぎの1時間前。。

533129768_72_convert_20081028223858.jpg

しかもここで入国審査を済ませなきゃいけなかったので、結局はラスベガス行きの飛行機も遅れることになってしまって大変でした。 (私たち以外にも同じラスベガス行きに乗り継ぎの人がたくさんいたのです)


ラスベガス行きの飛行機は小さな飛行機で、気流が悪かったせいか酔ってしまいました。。



533129768_212_convert_20081028223915.jpg

でも飛行機から見た砂漠はすごかったー!

写真はLA~ラスベガスの間にある砂漠を飛行機から。センターピポット式農場って言うんだっけ?初めて見たよ~。

ユタ州旅行記 7/21その2へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気ブログランキングへ旅行記始まり~!応援クリックお願いします。

| カテゴリー:日程表&旅行記 | 22:49 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グランドサークル旅行に行きたい!

このブログを更新しながら、またあの壮大な景色を見に行きたい!と思いながらも、今の仕事は正月もお盆もない職場なので、1週間ぶっとうしのお休みは年に1度貰えるか貰えないかという状況。夫が連休でも、私は仕事ということがほとんどなのです。

今年は運よく1週間の休みをもらえたのですが、夫の転勤と重なり敢え無く旅行をキャンセルした経緯が・・・(泣)

そんなこともあり、今、私はこのブログのタイトルどおり、「旅行に行きたい」!のです~!

最近引っ越して職場がすごく遠くなってしまったので、これは辞めるっきゃない?!って思って、実は現在上司に今年度いっぱいで退職を打診中!(高い住民税と年金が払えるか心配だけど・・・)

昨年のグランドサークルでは日程の都合で行けなかったところがあるので、行きたいなぁ~って思っていたのですが、仕事やめたらゴールデンウィークにいけるじゃん?!ってことで、このカテゴリーを作りました。

とりあえず、仕事やめてから旅行が終わるまでは派遣で働こうかな~~~。

ってその前に、うまく仕事辞められるのかしら。。。年金や住民税は払えるのかしら。。。




と、色々心配はありますが、旅行の準備について&退職に向けての記事をちょこちょこアップさせていきたいと思いますのでよろしくお願いします。


にほんブログ村 旅行ブログへ人気ブログランキングへ「私もグランドサークルの旅行の予定を立てたい!」という方は応援クリックお願いします。

| カテゴリー:2009年グランドサークル旅行準備編 | 23:13 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アプヒーバルドームトレイル その2

アプヒーバルドームトレイルの続き。




P7230134_convert_20081021001554.jpg

↑これがドームから見た別の景色。お天気悪めでちょっと空が暗いですが・・・(実はこの後すごい雷でした)

向こうに何人かの人がいて、なにやら叫んだり、手を振ったりしてたので、こちらも手を振りました^^

手前の赤い地面の肌と、向こう側に大きくそびえる大地(高地)の対比がとっても美しくて、しばし休憩&景色を堪能♪

人が赤い石の上をを歩くアリンコのように見えます!

とりあえず、あのアリンコがいる場所まで行ってみることにしました。

ドームを過ぎると、さらに大地の隆起が激しくなってきて、手を岩につかないと登れないような急なトレイルになってきます。


P7230135_convert_20081021001630.jpg

トレイルには一応ケルンと呼ばれる石が積みあがったものがトレイルコースの目印として置いてあって、それをたどっていくのですが、日本のようなそびえ立つケルンではなく大きいものでも膝丈位の高さしかなく、本当にその辺の石をかき集めて乗っけただけのものです。

小さいケルンだと、けるんだと思わずにたまたま大きな石の上に小さな石が重なっている、くらいにしか見えないので、見落とさないように要注意。

しかも起伏が激しい場所だと、ケルンを積むところが無く、まばらに置いてあるので迷ってしまいそうです。



P7230139_convert_20081021001823.jpg

途中、岩をよじ登りながらも何とかアリンコのいた場所まで到着しました。

これがその景色です。なんだかぱっとしない写真で申し訳ないですが^^;これが結構高いところにあるのでいい眺めなんですよ!

キャニオンランズの他の景色とは違って、自然に立ち向かってよじ登った感のある、とってもリフレッシュできるトレイルでした。

P7230138_convert_20081021001715.jpg




にほんブログ村 旅行ブログへ人気ブログランキングへ荒野ファンになりつつある方・・・一票クリックお願いします♪

| カテゴリー:キャニオンランズ国立公園 | 17:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アプヒーバルドームトレイル Upheaval Dome Trail

赤いハーフドームのつづき。


キャニオンランズのアイランドインザスカイの中でも他のトレイルとは違う景色を楽しめるのが、ここ。

アプヒーバルドームトレイル


トレイルの所要時間は、ドームまで行くだけなら往復30分くらい。その先に続くトレイルにもいくなら、2~3時間くらいは必要かも。

はじめのうちはこのように歩きやすく整備されているけれど。。。

P7230131_convert_20081021001341.jpg
黙々と歩いていくと目の前に岩山が!

土が、赤くて、さらさらしていて、照りつける太陽ですっごく熱くなってるんです!

P7230132_convert_20081021001449.jpg
なんとかドーム到着!

写真が悪くてごめんなさい!本当はもっと丸くて大きな穴が開いていて、断崖絶壁になっているんです。

右下に見えるのはこのドームの説明板。

上は赤い土なんだけど、下のほうが白くなっています。

ここが窪んだ訳は、は隕石の落ちた跡という説と、地面が隆起したという説と2つあるそう。

ドームの向こう側は広い台地になっているのが分かります。

キャニオンランズ周辺は道路は本当に少なくて熱く乾燥した荒野にはそう簡単には入っていけないので1350㎡の敷地のほとんどがまさに未開の地だそうです。

この写真の地平線のずうっと向こうまで、人間の足跡のついていない土地なのです。



アプヒーバルドームトレイルはここで引き返してもよし、先に進んでもよしのトレイルなので、私たちはさらに先に進むことにしました。

ここまでは割と歩きやすいトレイルだったのですが、この先はまさに岩登り直前状態でした。




アプヒーバルドームトレイルその2へつづく。





にほんブログ村 旅行ブログへ人気ブログランキングへアプヒーバルドームトレイルの先が気になる方は、1票お願いします☆

| カテゴリー:キャニオンランズ国立公園 | 01:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

谷の向こうのビュート

P7230078_convert_20081020151811.jpg

キャニオンランズ国立公園のゲート前にあるレストエリア&ちょっとしたトレイル。

写真では見にくいけど、草の向こうは断崖絶壁になっていて、向こうのほうにビュートがあります。

想像してたキャニオンランズは、こんなのだったんだけど、こうゆう風景も面白くって楽しかったですよ!





にほんブログ村 旅行ブログへ人気ブログランキングへキャニオンランズのビュートへ1票お願いします♪

| カテゴリー:キャニオンランズ国立公園 | 15:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パプサンモリ

久々に韓国ネタです。



とある旅行記サイトさんで以前ここのお店のことが書かれていて、行ってみたいなぁ~と思っていたお店、「パプサンモリ



お店の入り口に、ペコちゃんのように立っているブタちゃんが、ブスかわいい。

お店の中はお座敷になっていて、メニューはシンプル。確か、オギョプサル(ブタの5枚肉)・しゃぶしゃぶ・冷麺くらいだったような・・・。

私たちはオギョプサルを頼むことにしました♪


P9160084_convert_20081019001535.jpg

鉄板からはみ出んばかりのオギョプサル!これで2人前。

店員さんがジュージュー焼いてくれます♪

キムチと豚肉の組み合わせ、おいしそう・・・!そのほかに、ジャガイモ、豆腐、たまねぎも乗っています。



P9160088_convert_20081019001623.jpg

付けあわせでこんなに沢山のお皿がついてます。

手前から、千枚漬けのようなもの、サラダ、山菜?の辛く漬けてあるの、水キムチ。

程よくお肉が焼けたところで、店員さんが、ハサミでちょきちょきと鉄板のお肉とキムチを切ってくれます。



P9160091_convert_20081019001754.jpg

包菜やエゴマの上に、お肉と漬けあわせとコチュジャンを載せてクルっとまいて、ごま油に付けて、いただきます!!



おいし~~~い!!

+食後にシャーベットのサービス付き!


これと、冷麺で二人で2000円ちょっと位のお値段でした。安!



気になる場所はソウルナビ参照。

ほんとにこっちでいいの?!って位細い路地裏にありますので、お気をつけて。




ちなみに、日本ではオギョプサルを食べられるところがなかなか見当たらず、この前日吉に豚デジという、サムギョプサル(3枚肉)を食べられるところを夫が見つけたので行きましたが、こちらも美味しかったです!


にほんブログ村 旅行ブログへ人気ブログランキングへ今夜は焼肉にしようかなと思った方は1票応援クリックお願いします♪

| カテゴリー:2007年ソウル | 01:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オブザベーションポイントトレイル Observation Point

ザイオン国立公園では、本当は1日目にナローズの川下り、2日目にオブザベーションポイントトレイルの予定だったのですが、前日に雨が降ったのでナローズは鉄砲水がくる危険があるようなので、あきらめました。

ということで、1日目は公園内を突っ切ってスプリングデールという町を散策。。


スプリングデールは、ザイオンの玄関にある街で、ホテルやモーテル、スーベニアショップなどがたくさんある綺麗な町でした。



そして2日目・・・朝、太陽がまだ昇らない時間に宿を出て、車でザイオンへ。

ザイオン国立公園内は環境保護のために専用のシャトルバスが走っていて、基本的に全員シャトルに乗り換えて園内を移動しなければなりません。

園内はとっても広いので、バスで園内を往復するだけでも1時間半はかかるそうです。


さて・・・国立公園の入り口からバスに乗って30分ほどで、オブザベーションポイントのトレイルヘッドに到着です。


P7250034_convert_20081015213540.jpg
はじめはこんな道をジグザグと登っていくのですが登りはじめからして、周りの切り立った岩山に圧倒されて、本当にこれを登るの?!と怖気づいてしまいそうになりました。

足元は人がすれ違えるくらいの幅で整備されています。


P7250038_convert_20081015213630.jpg
下から見て頂上に見えたところまで登っても、まだまだ先はあります・・・。

足元を見ると、いつの間にか岩の割れ目と、小川が。

不思議なことに、まるで、さっきジグザグの坂をひたすら上ったのが嘘のように、登っても登っても足元に小川があるんです!


P7250043_convert_20081015213804.jpg

この小さな小川の流れが、スロットキャニオンを生むんだなぁと実感。

この小川を抜けてさらに進むと、突然岩山の断崖絶壁に作られた歩道へと出ます。

この辺はビデオは残っているのですが、残念ながら写真が残っていません><

とにかく人が何とかすれ違えるくらいの歩道が絶壁に作られていて、ひやひやしながら登りました。

すると、これまで岩山だったのが、いきなり赤い岩へと変化し、頂上に近いところでは木々や草がたくさん生えている場所を歩くことになりました。



P7260046_convert_20081015213927.jpg
頂上に到着です!

この日は少し曇っていて遠くのほうは霞んでしまっていましたが、それでも登りきった達成感と景色は最高でした。

手持ちのガイドブックにオブザベーションポイントに登るなら日射病予防のために強い日差しをさけて早朝から登れと書いてあったのでそうしたのですが、実際にここにたどり着くまでに出会った人は2人のみ!!

どうやらほかの人たちは昼間から登り始めていたようでした。。すごい、アメリカ人。

しかも頂上で30分ほど休憩をしましたが、その間はだ~れも来ず、この静かな景色を独占できました。







にほんブログ村 旅行ブログへ人気ブログランキングへ←オブザベーションポイントに1票応援よろしくお願いします。

| カテゴリー:ザイオン国立公園 | 22:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

女子高生のいない渋谷みたい。

・・・というのが私のニューヨーク・タイムズスクエアの第一印象^^;

はい。ごめんなさい~!!

だって、大きなビルに、大きな派手な看板や画面がついてて、渋谷みたいなんだも~ん。。











でも、歩いているうちに、ニューヨークのイメージが変わってきたよ!

PB010179_convert_20081015210424.jpg


なんといっても道が綺麗だし、、建物も、ただ高いだけじゃなく、素敵で景観にマッチしているし。

RENT、オペラ座の怪人、ウィキッド・・・・ミュージカルの看板がそこかしこにあふれているのも、なんかいい感じで、渋谷よりおしゃれよネ。

こんなマンハッタンでも、10分も歩けばアパートの住宅街になります。


PB010173_convert_20081015210225.jpg
こんな風に、1階がレストランになっていて、2階より上がアパートになっているの。

きっと賃料はすんごい高いんだろうなぁ~~・・・。


PB010175_convert_20081015210327.jpg


馬車も通っていて、いい感じ!!

ちなみに、警察官も乗馬でパトロールしてて、やっぱり、同じ都会でビルが多くても東京とは違うなぁ~!って感じでした。






にほんブログ村 旅行ブログへ人気ブログランキングへ←マンハッタンは渋谷じゃない!と怒った方、応援クリックをお願いします^^;

| カテゴリー:ニューヨーク | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バハフレッシュ BAJA FRESH

日本ではあんまり美味しいケサディーヤが食べられるお店が無いのが悲しい。
(そもそもメキシカンのお店が少なく、ケサディーヤがメニューに載っていない)

なので、アメリカに行ったときに楽しみなものの一つは、メキシカンを食べること。





アメリカでお気に入りのメキシカンのファストフード店は、、「バハフレッシュ」。

お手ごろ価格で、チーズいっぱいのケサディーヤが食べられます♪♪

ケサディーヤとは、メキシカンフードで、トルティーヤにチーズやお肉が挟まったもの。

サルサと一緒に食べるとすんごいおいしい~!

日本にも出来てくれないかなぁ。。。。



にほんブログ村 旅行ブログへ人気ブログランキングへ←バハフレッシュに行きたくなった方、応援クリックお願いします。

| カテゴリー:旅のツール | 21:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ナバホループトレイル Navajo Loop Trail & ブライスキャニオンロッジ

ブライスキャニオン国立公園の続き。





ここがブライスキャニオン国立公園のブライスキャニオンロッジ周辺。

素敵な建物を景観に良く映えるように建てるのが外国のいいところ。

日本も最近がんばるようになってきたけど。



このあたりはロッジが散在していて、写真の建物の中にはちょっとしたお土産やさんが。


近くのサンセットポイント(その名の通り、夕日が綺麗なところ)に、ナバホループトレイルの入り口があります。

ブライスキャニオンの谷の中は、フードゥーの林の中に迷路のようにトレイルが廻らされていて、小さな子供から、ストックを持った大人まで、様々な人たちが谷歩きを楽しみます。

標高が高いといっても、夏の昼間は暑いので、水を忘れずに。


P7250270_convert_20081013155452.jpg
ひたすらスイッチバックを降りていく。


トレイルはこんな風に、赤い土を削って作った道を下っていくのですが、私が行ったときは、がけ崩れがあってトレイルの一部が迂回する形になっていました。


P7250273_convert_20081013155622.jpg
下から見たトレイルの写真。左下に写っている人とフードゥーの大きさを比較してみてください。

ナバホループトレイルは本来ループ状になっているトレイルなのですが、2007年7月に行ったときは、がけ崩れの影響で一部が閉鎖されループ状ではなくなっていました。(2008年現在ブライスキャニオン国立公園公式ページではループ状になっているようです)


P7250275_convert_20081013155701.jpg

このあたりに降りるまでゆっくり歩いて30分くらいだったかな?

まわりの岩が高くそびえ立ち、ここまで来ると日陰があって気持ちいい。

Wall Streetと呼ばれるスロットキャニオンになっています。



P7250279.jpg
こんなに日のあたらないところでも、岩に押し寄せられながらも、わずかに照る光を求めて高く伸びる針葉樹があちこちにあって、自然の力ってすごいなぁと思う私。



トレイルの帰りは当然のぼり坂で結構ハード!

よく、グランドキャニオンを降りるときの心得で、「帰り(上り)は行き(下り)の倍の時間がかかるから、時間も水も、予定の3分の2のところで引き返そう」と、言いますが、まさにその通りですね。




←ランキング参加中です。よろしければクリックお願いします♪

| カテゴリー:ブライスキャニオン国立公園 | 16:52 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブライスキャニオン国立公園




ブライスキャニオンは、ラスベガスから北西へ、4時間ほどドライブしたところにある奇岩の国立公園です。

ザイオン国立公園の1時間半ほど先にあるので、一緒に行くのがいいかな?

草原や森の中を車で走っていると、公園のゲートが見えてきて、突如、この谷が見えてきます。

標高2700mという高い場所にある国立公園なので、昼間は暑くても夜は気温がかなり下がります。

私が行った7月下旬でも、朝は寒くて・・・アメリカ人は半そで半ズボンの人もいましたが・・・一般的な日本人にとっては長袖が必要な寒さでした。

(*冬場は閉鎖される道路もあるようなので、よく情報を集めてから行くようにしてください。*)

園内は全長15マイルの縦長で、車で移動しながら各ビューポイントを回って観ます。



鉛筆のような、爪楊枝のような形をした幾千もの岩は「フードゥー」と言うらしいです。

なぜ、森の中に谷ができて爪楊枝のような岩ががこんなにたくさんできるのか不思議でしょうがない!

写真で見るよりも、もっとずっと壮大で美しい景色で、あまりに良く出来ているので、1本1本数えたくなります。





上から見下ろす景色が有名ですが、ここの一番の楽しみはこのフードゥーとフードゥーの間を歩くトレイル!



・・・・・「ナバホループトレイル Navajo Loop Trail & ブライスキャニオンロッジ」へ続く

| カテゴリー:ブライスキャニオン国立公園 | 15:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

水面に映る秋のヨセミテ

PB010130_convert_20081012100336.jpg


これは今年の写真ではないのですが、秋のヨセミテもとってもいいですよ!

はじめ、秋が一番人気が無いと聞いていたのですが、行ってみると、日本人だからか、紅葉に感動して、

「こんなに綺麗なところにこれて本当によかった~」

というのが感想でした。

このヨセミテが日本にあたら、紅葉の時期は大混雑だと思うんですけど・・・。

あたりはまばらで、静かにゆっくり過ごすことができました。

アメリカ人は、日本ほど紅葉狩りを楽しまないものなのでしょうか。

それにしても、青い空と紅葉と白い岩山が、本当に良く映えていますね。

| カテゴリー:ヨセミテ国立公園 | 10:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ポールゲッティミュージアム(ゲッティセンター)その2

ポールゲッティミュージアム The J.Paul Getty Museumの続き。








最近ゲッティーミュージアムのアクセスが増えているようです。

ゲッティミュージアムのよさといえば、展示品がどれも良いものばかりなことと、そのほかにもうひとつの大きな理由が・・・。



以下、ゲッティミュージアム公式ページより。

Admission and Parking
Admission to the Getty Center and to all exhibitions is FREE—no tickets or reservations required for general admission. Parking is $10 per car.

入場料と駐車について
ゲッティセンターとすべての展示の入場料は無料です-一般の入場料については、チケットも、予約も要りません。駐車場は1台に付き10ドルです。


なんと、入館が基本的に無料なんです!!
駐車代金は10ドルに値上がりしていますが、それでも10ドルで同乗者全員がこの美術館を堪能できるなんて、すばらしいと思います。

ロサンゼルスに行く方は、是非オススメの場所です。

| カテゴリー:ロサンゼルス | 00:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大空にかかる橋



アーチーズ国立公園のランドスケープアーチ穴の幅が88.4メートルもある巨大アーチ!

25メートルプールの3倍以上長いと考えるとその凄さが実感できます。

けれども、本当に実感するためにはやっぱり見に行かなきゃ!



このアーチを見に行くためには、アーチーズ国立公園の入り口から一番遠い、デビルスガーデンという場所で車を降りて、こんなところを歩きます↓↓


P7230199_convert_20081006235914.jpg


デビルスガーデン・・・名前はちょっと恐ろしいですが、実際は恐ろしいところではなく、ランドスケープアーチまでの約30分の道のりの途中で、トンネルアーチ(「窓から空が見えるよ・・・」参照)や、パインツリーアーチなどの見ごたえのあるアーチやいくつもの名前がついていないようなアーチをたくさん見ることができます。

多少の段差はありますが、起伏の緩やかな歩きやすいトレイルなので、初心者さんや子供連れや年配の方にもいいトレイルではないかと思いました。


野生のウサギも多く、緑の草原にそびえる赤い岩と青い空との原色のコントラストが、まるで子供が書いた絵に入り込んだような感じで、楽しくリフレッシュできる空間です。

このようなとってもいいトレイルなので、当然、駐車場はいっぱいになってしまうので、早朝の涼しい時間帯に行くのがオススメです。

| カテゴリー:アーチーズ国立公園 | 22:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

君は何を見ているの? at キャピトルリーフ




キャピトルリーフ国立公園には鹿やウサギさんがたくさんいます。

放されているのか、居ついているのか・・・おそらく前者だと思うのですが、柵の中でちゃんといい子にしているんですよ!

こんなにいい環境で暮らせるなんて、うらやましい~!


・・・でも、きっと鹿にとっては柵の中ではなく、野生が一番なんでしょうね。

| カテゴリー:キャピトルリーフ国立公園 | 15:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

砂漠の三人兄弟

こんにちは。もう10月ですね・・。早い。がんばって更新をしていこうと思います。




さて、今回は「小川の中の絶景」のつづきです。


P7240223_convert_20081001234948.jpg


 この岩はゴブリンバレー州立公園の入り口にあります。


初めてこれを見たとき、この州立公園の名前の由来がはっきりと分かりました(ゴブリンとは子鬼のことです)。

本当に、子鬼の三兄弟が座っていて、「ようこそゴブリンバレーへ!」って出迎えてくれているみたいでしょう?

これが自然の作用でできたなんて、、本当にびっくりです。

この写真のほかにも、園内にはいくつもの子鬼がごろごろいます。

だけど、こうしているうちにも風化が進みつつあるので、この3兄弟もいつまでこの姿を留めていられるか分かりません。

グランドサークルのほかの公園でも、がけ崩れや山火事などで通行禁止になっているトレイルがいくつもありました。


Goblin Valley State Park。興味のある方はお早めにどうぞ!

| カテゴリー:ゴブリンバレー州立公園 | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月