FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

日の出のデリケートアーチトレイル

さて、お待ちかねの(私がね^^;)、デリケートアーチトレイルです。
本当は前日の夕方に夕日に赤く染まって燃えるアーチを見たかったのですが、天候不良でかなわず断念し、しょうがないから朝日を期待して早朝出ることにしたのですが・・・これが思わぬ予想以上の嬉しい結果になりました。

まだ真っ暗の中、モーテルを抜け出し車を走らせること数分。アーチーズ国立公園の入り口に到着。

まだ暗い(もちろん外灯も無い)公園の入り口の坂を車のヘッドライトだけを頼りに上っていくのはちょっとスリリングでした。

デリケートアーチのトレイルヘッドに到着しても、まだ真っ暗で、かすかに西の空が紫色になっているだけでしたが、懐中電灯片手にトレイル開始!

野原のような平坦な道を10分程歩いているうちに、あたりが明るくなって来るとトレイルは上りに。

どんどん上っていくと、目の前に巨大な白い一枚岩が現れました。

P7230171_convert_20081116002450.jpg
↑一枚岩の上を歩いているときに振り向いて撮った写真。私のデジカメは暗いところで撮っても明るく移ってしまうので、この後の写真なんてまるで昼間の写真のようですが、実際はまだ新聞の字が読見づらいくらいの、暗い中のトレッキングでした。

なんていうか、非現実的な眺めなんですよ。この岩からの景色が。

大き目の石の上を歩く蟻んこになった気分というのか、火星かどこかを歩いている気分というのか?誰かうまく表現して~?!

岩自体は下を見て歩く分には歩きやすいのですが、遠くを見てみると岩の向こうが崖っぷちだったり、果てしなく続く隆起の激しい台地が続いていたりで、それはそれでスリリングなの。

岩登りが終わったかと思うと、今度は赤い砂と砂利の道が広がり、景色の移り変わりが目を楽しませてくれました。

砂利道を抜けると今度は赤い岩の上の開けた空間に。
P7230174_convert_20081116002541.jpg

このあたりまで来ると、穴の開いた岩や不思議な形の岩があって楽しい。
P7230175_convert_20081116002619.jpg

小さなアーチ発見!

P7230178_convert_20081116002738.jpg
↑ねじり鉢巻みた~い♪と浮かれて通り過ぎた私。まさかこのアーチに、大きな秘密が隠されていようとは、リンクさせていただいているmasahiroさんのページ(M stYLe!)の2005年の旅行記を見るまで知る由も無かった。。。


P7230180_convert_20081116002838.jpg

その後、こーんな岩の斜面を登っていくと、、、視線の左下は↓こんな崖っぷちになります。

P7230181_convert_20081116002946.jpg

向こうの空に朝焼けが・・・。急に写真が暗くなりましたが、これが実際の暗さです!^^;
P7230182_convert_20081116003023.jpg

この写真の人(夫)が立っている所を過ぎ、岩の上までやっと上ったかと思うと、いきなり右側に大きなアーチと、それを鑑賞するためが如く大きなすり鉢状の地形が!!



じゃ~ん!
P7230185_convert_20081116003155.jpg
これまで左下の崖を気にして歩いてきたこともあってか、それはもう不意打ちの登場に感動は2倍3倍に!!

しかも、だ~れも居ないので、アーチ独占状態!!

こんな絶景の僻地に2人だけなんて、、なんて贅沢な旅行なのでしょう。自然の音しか聞こえません・・。

しばらくアーチを遠めに堪能した後、朝日を待ちます。。

P7230187_convert_20081116003332.jpg
P7230193_convert_20081116004613.jpg
朝日だ~!

P7230194_convert_20081116004650.jpg

アーチもだんだん赤く明るくなってきた!

この後、アーチの近くに行ったり景色を堪能しているあいだに、なんと、アーチの向こうの大地に虹がかかっていました。とてもきれいだったのですが、うまく写真に取ることができなかったので残念。


30分ほどしてきた道を戻りました。

P7230195_convert_20081116004729.jpg
帰り道。雲行き怪しめだったのが分かります。


楽しかったデリケートアーチトレイル。次回は絶対に夕日に燃えるアーチを観に行きたい!






にほんブログ村 旅行ブログへ人気ブログランキングへ早朝のデリケートアーチもいいなぁ~って思ってくれた方、応援に1票クリックをお願いします♪
スポンサーサイト



| カテゴリー:アーチーズ国立公園 | 03:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

番外編 ラスベガス旅行記 7/26

残念ながら、ラスベガスの写真はあんまり撮らなかったのでないんです・・・。

ラスベガスはユタのお隣、ネバダ州なので、時差があり、時計を1時間早めます。

前の旅行記にも書いたとおり、ショーの予約をしてあったので時計の針動かし間違えてないかドキドキだったけど大丈夫でした

ショーの次の日は買い物三昧でした。

ユタは田舎過ぎてお店はほとんど無かったので、物にあふれているベガスは宝の町にみえる!

そうそう、ユタで食べられなかったクリスピークリームドーナツがあったので買ってみたのですが、、う~ん・・劇甘・ふにゃふにゃでそんなに美味しくはなかったかも。

私的にはミスドの方が好きでした!


午前中、アウトレットに行ったのですが、コーチが安かった!!あの値段を見てしまったら、日本でコーチは買えません・・・。

そのあと、アジアのお店の集まるところがベガスにあり、ベトナム料理屋さんでフォーを頂きました♪パクチーいっぱいで美味しかった♪

午後もまた買い物したあと、二日目のホテルにチェックイン☆

P7270055_convert_20081113230131.jpg

ベガス1日目のホテルはショーがやる場所がホテルの中だったという理由で決めたのですが、2日目のホテルはこれまで安宿ばかりだったということもあり、ちょっとはハネムーンらしくしようじゃないか!ということで、ベネチアンにしました^^
P7270061_convert_20081113230212.jpg


スイートなのに、時期的なものがあってか、おそらく宿泊費の高いニューヨークのスタンダードと同じくらいのお値段で泊まれたのでした♪ (ラスベガスのホテルはコンベンションがあると宿泊費が何倍も高くなってしまうのです)

P7270056_convert_20081113230045.jpg
ベッドも寝心地いい~♪

そして夜はストラトスフィアというタワーの最上階にある絶叫マシーンに乗って、同じくタワーの上にある予約していたレストランでラスベガスの宝石のような夜景を見ながらディナーをいただきました。

P7270063_convert_20081113230310.jpg

P7270068_convert_20081113230405.jpg
レストランの予約をすると、ただでタワーに上れます♪

カジノをしなかったこと以外はラスベガスらしい過ごし方ができたんじゃないかな・・?

そんな感じでこの日も終了。


次の日はレンタカーセンターに車を返し、シャトルバスでマッカラン空港へ移動。

それから、以外にも今回の旅行で初めてファストフードを食べました。

P7280075_convert_20081113231329.jpg
バーキンにて朝メニューを。


遊び収めに残ったコインで空港のスロットを回していると、出発の時間に。

このあと、LAX経由で日本に帰ったのでありました。
今回の旅行記はこれで終わりですが、短い記事は書きますのでまた見に来てくださいね♪♪


にほんブログ村 旅行ブログへ人気ブログランキングへ最近順位が上がってきています♪クリックしてくださりありがとうございます♪

| カテゴリー:日程表&旅行記 | 23:21 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ユタ州旅行記 7/25

P7250026_convert_20081107223414.jpg
↑ぼけててすみません(汗)
今日の宿泊はここTerrace Brook Lodgeでした。

正直、ホームページで見て値段で決めたのであまり期待していなかったのですが、ザイオン国立公園の入り口のスプリングデールという町の大通り沿いでロケーションがいいし、お部屋の窓から見える夕日に赤く染まる山の眺めがとても良かったです。部屋の外に椅子が置いてあったのですが、きっとこの夕暮れ時のためのものなのだろうと思いました。・・・写真が無くて残念。



5日目はいよいよ国立公園めぐりのハイライトで、ナローズの変わりに、鉄砲水の心配が無さそうなオブザベーショントレイルに行くことにしました。

この公園は他の公園と違って、ラスベガスに近く訪れる人も多いためか、夏季は公園内は乗用車進入禁止でその代わりに無料のバスに乗って移動しなければいけません。

公園の入り口入ってすぐのところに駐車場とビジターセンターがあるので、そこで車を降りて、ビジターセンターで天候確認。

公園のバスといっても、入り口から一番奥まで1時間位走らないとといけないくらい広いんです!

バスの中では、ガイド放送(英語)が流れていました。

バスから切り立った山々が見えて、気持ちいい~♪

オブザベーションポイントトレイルは、ザイオンの谷底から頂上まで4時間かけて登るのですが、道のほとんどが岩肌沿いに作られた道を歩くので、眺めがいいけど落ちたら死ぬようなスリリングなトレイルでした。
P7250036_convert_20081107223326.jpg
最初はこんなところを歩きます。


P7250037_convert_20081107223617.jpg
景色もこんな感じ。


P7250041_convert_20081107223520.jpg
だんだん山の中のトレイルに・・・。


P7250042_convert_20081107223717.jpg
かなり上ったところに小川が!


この後スリリングな岩肌の道へと続くのですが、怖くて写真を撮ることが出来ませんでした(泣)気になる方は実際に行ってみてみてくださいね。


P7260046_convert_20081107223823.jpg

頂上の景色は圧巻!きもちいい~!

P7260047_convert_20081107230254.jpg
頂上にあった地質学調査?の碑。汚れていて良く見えないけど犯したら罰金と書かれている(汗)

詳しくは(そんなに詳しくないけど)、オブザベーションポイントトレイル Observation Pointを読んでくださいね。

ガイドブックには日中の強い日差しを避けるために始発のバスに乗って登り始めるようにと書いてあったのですが、他に登ってる人は見えませんでした。

そのかわり、帰り道の終わりの方(午後1時ころ)で、みんなが登ってくるではありませんか・・アメリカ人行動遅すぎ。。

そうそう、帰る途中、なんかガサガサ音がすると思ったら、触れるくらい近くにいきなり鹿がいてびっくりしました。
P7260050_convert_20081107230223.jpg
↑これズームじゃありません。ちょうどこの写真の左下の砂地が、私が鹿に気づいた場所(!)。これでも少し離れて撮ったくらいです。

ちなみに鹿は私の存在に気づいてないようでしたが、気づかれてたら角で攻撃されていたかもしれません・・・が、後から来たアメリカ人の少年に、「deer!」と叫ばれたので、逃げていってしまいました。

さて、鉄砲水の危険が少ないと思って上り始めたオブザベーションポイントトレイルですが、結果的には多くの部分を小川に沿って歩くので、やはりここも雨の場合は行かないほうがいいと思いました。行かれる方は、必ず天候を確認してくださいね。


オブザベーショントレイルから帰ってきたら、もう疲れたのでそのままラスベガスにドライブして直行。

この日のホテルはT.I.でしたが、私はホテルについたとたんぐっすり眠ってしまいました><

それにしてもここのベッドは気持ちよかった~・・・。次の日にとまったベネチアンより好みでした。

夜8時になんとか起きて、9時からホテル内で上演されるシルクドソレイユの「ミスティア」を観にいきました☆

内容はこれから見る人のために詳しく話しませんが、今まで見たシルクドソレイユの中でも一番楽しかったかも!

ミスティア後、部屋に直帰して再び熟睡。

そんなこんなでラスベガスに来たものの、夜景も見ずにこの日は終わってしまったのでした。。




ユタ州旅行記はこれで終わりです。読んでくださってありがとうございました。

番外編ラスベガス旅行記で閉めたいと思います。




にほんブログ村 旅行ブログへ人気ブログランキングへここまで読んでくださった読者さんに感謝です。今日の順位はどうかなぁ~?

| カテゴリー:日程表&旅行記 | 23:21 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ユタ州旅行記 7/24

4日目の朝は、3日目に距離を稼いだのでゆっくりスタートでした。

8時くらいに宿を出て、ガイドブックですごく眺めのいい道と書いてあったユタ州12号線を通りましたが・・これまでに70号線のもっときれいな風景を見てきただけに期待はずれな印象でした。(写真が無くてお見せ出来ないのが残念です。道路の両側が崖っぷちというものすごい道だったんだけどね)

高度はどんどん上がっていってだんだん針葉樹が多くなり、

9時にはブライスキャニオン国立公園に到着☆

高度が高いのと、曇っているのとで7月下旬なのにトレーナーを羽織らないと寒い寒い!

さぁビューポイントに・・・と思いましたが、すごい濃霧で谷が全く見えないどころか、場所によっては道路を雲が通り過ぎてしまってまったく前の見えない状況でした><
P7250253_convert_20081104225139.jpg


それでも、1時間くらい散策していると次第に晴れてきて、ふと谷を見るとびっくりするほど深くて、まるで爪楊枝を逆さにしたものがいっぱい生えているようなブライスのパノラマが広がりました☆

P7250259_convert_20081104225335.jpg


なんとこの爪楊枝のような塔の一本一本は何百メートルもの高さなんです。

P7250269_convert_20081104225422.jpg
↑ビデオを撮るわたし。

なんでこんな形に侵食されたのかとっても不思議で、自然の彫刻とはまさにこのこと!って感じ。

P7250255_convert_20081104225228.jpg


そのあと、谷を降りるべくトレイルヘッドに移動したころにはカンカン照りに晴れていて、まぶしかったです。



このブライスキャニオンにも沢山のトレイルがあるのですが、今回わたしたちはループ状になっているところを歩こうと挑戦したのですが、あいにく風化で崖崩れが進んでいて途中までしか行けないようになっていました。 (ナバホループトレイル参照)



それでも谷底から仰ぎ見る風景はギザギザの塔が何千本も建っていて、まるでSFの世界のような不思議な眺めでとっても楽しめました^^

P7250274_convert_20081104225520.jpg


今回の旅行で行った公園の中にはこのように厳しい環境による風化が進みつつあるところがたくさんあって、いつ岩が崩れて風景が変わってしまうか分からないのでそれだけでも今のうちに見に来てよかったなぁと思いました。

一方、人間が足を踏み入れることによって自然界にもたらされる影響がどの公園にもあちこちに書いてあり、勉強になりました。

ユタ州旅行記7/25へつづく。

にほんブログ村 旅行ブログへ人気ブログランキングへユタ州旅行記も終盤。応援クリックお願いします♪

| カテゴリー:日程表&旅行記 | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ユタ州旅行記 7/23

3日目は早朝の暗いうちから出発し、昨日カミナリで行けなかった夕日の名所に行くことにしました。
 
雲は晴れてきて、モーテル出発の時には星空でした☆

まだ暗い道を30分ほどドライブして、今日の目的地「デリケートアーチ」のトレイルヘッドに到着です。

アーチーズ国立公園という、天然に出来た岩のアーチがたくさんある公園の中にあります。

このトレイルは、始めは草原の中の小道のお散歩コースという感じなのですが、途中からでっかいでっかい一枚岩の20°位?の急斜面になって、滑って転んで頭打たないか、それから転げ落ちて岩から転落しないか、なかなかスリリング体験でした。

一枚岩を上り終わって、しばらく天然の岩の広場のようなところを歩いて、さらに岩を削って歩道にしたような断崖絶壁上りきると、いきなり目前にそれは綺麗な「デリケートアーチ」が見えました

P7230187_convert_20081103213455.jpg



さらにアーチのそばまでは、すり鉢上の斜面を歩いていかなければいけないので、滑り落ちないかと思うほど怖かったですが、たどり着いてみると、その岩の天然のアーチの見事さと、そこで見る日の出に圧倒されました。

P7230191_convert_20081103213547.jpg

しかもなんと、他の観光客がだーれもいなかったので、この場所、この景色は私たちだけの独占状態だったんです^^

人工の音がしない、本物の自然の中にいられる幸せと、この素晴らしい場所をいつまでも残しておくためにはなるべく自然を傷つけないようにしなければならないなと本当に実感しました。

夕日の時間だとものすごい混んでいるらしいので、朝に来て本当に良かったです。









そこで30分ほど景色を堪能した後、トレイルヘッドに戻り、また車で移動して別のアーチを見に行きました。

P7230197_convert_20081103214011.jpg

別のトレイル、デビルスガーデンではなんと日本人の母娘の方々にお会いし、しばらく写真を撮って貰ったりしました

何気に今回の旅行で日本人にあったのは、空港を除いてはここだけでした。



P7240216_convert_20081103214116.jpg






お昼までアーチーズでゆっくりした後、また車で2時間半ほど走り、今度はゴブリンバレー州立公園へ!

P7240224_convert_20081103214224.jpg

ゴブリンとは小鬼のことらしいのですが、その風景はほんとにキノコ型の小鬼がいっぱいいてダンスやおしゃべりをしているようでした。

公園自体は小さく、トレイルというトレイルは特に無くて、この子鬼たちの林の間をかくれんぼのように歩いていくのがここの楽しみ方。

まるで何かのアドベンチャーゲームの中に入ったような、ほかとは違った雰囲気で、お勧めの場所です!

P7240233_convert_20081103214324.jpg
ゴブリンバレー州立公園の外側は、まるでモニュメントバレーのような風景!

ここは小さな公園だし、砂漠気候なのであまり長く屋外にいると脱水になってしまうので、1時間ほどで見終えて、車の中で仮眠をとった後、またドライブです^^;
P7240234_convert_20081103214412.jpg

1時間半くらいドライブすると、キャピトルリーフ国立公園の中の道を抜けたのですが、ここは果樹園や緑があったり、昔のモルモン教の学校があったりで、他とは違う雰囲気でした。

今までの公園を見ないでここに訪れたならば、きっとすごく綺麗な景色に見えたのでしょうが、残念ながらここにくるまでにもっとすごい景色ばかり見てきたので、簡単に通り過ぎてしまいました。。


今日の観光はこれで終わりなのですが、まだまだ夕方なので、先を急ぐことにしました。

この日は宿泊を決めていなかったので、19時ころについたエスカランテにあるホテルに泊まることにしました。
P7240246_convert_20081103214515.jpg



ユタ州旅行記 7/24へつづく

関連カテゴリー
アーチーズ国立公園ゴブリンバレー州立公園キャピトルリーフ国立公園




にほんブログ村 旅行ブログへ人気ブログランキングへ続きが気になる方は応援クリックお願いします!

| カテゴリー:日程表&旅行記 | 22:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT